賃貸と持家はどちらが良いのか

賃貸物件の家賃は月収の3分の1〜4分の1が目安

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を選ぶ際には月収の3分の1〜4分の1にすると様々なメリットがあります。この条件に当てはまる物件が少ないという方も多くいるかもせれませんが、この程度の家賃の支出を抑えることで、余ったお金で充実した生活を送ることができます。オシャレな物件や利便性の良い物件は誰でも憧れます。しかし、そういった物件の家賃は高めに設定され、設備などが同じでもその外観や利便性だけで毎月多くの家賃を払うことになります。その多めに払っている家賃を浮かせることで趣味や旅行などを楽しむことができます。

また、高い家賃を払って生活をすると、毎日の生活を切り詰めたり、貯金などを全くできな状態にもなります。毎日の生活の中で生活費を切り詰める場合、多くの方が行うのが食費を切り詰めることです。しかし、毎日仕事をする上で食事はとても重要です。毎日栄養のある食事をすることで、いい仕事をすることができます。快適な生活を送るには貯金も大切です。貯金のメリットは突然の出費などに対応できることでなく、精神的な余裕を作ることができます。毎日楽しい生活を送るには精神的な余裕が必要です。そのために貯金はとても大切です。このように、快適で楽しい生活をするには、月収の3分の1〜4分の1程度の物件が最適です。