賃貸と持家はどちらが良いのか

供給加増になってきている賃貸物件

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続にかかわる税制が変わろうとしています。国が定めた法律の改正のために、突然のことながら、もはやそれに従うしかできない状況になっています。それに伴い、土地資産を守るためにも節税対策をこれまで以上に積極的にしなければならなくなってきています。そこで有効な手法として注目されているのが、賃貸アパート経営であり、実際にこれまで遊休地としていた土地の中でも入居者の見込めそうなものを活用する動きがとても活発になっています。

そのおかげでエリアによっては賃貸物件が入居者の数よりも多い供給過剰の状態に陥るようになっています。陳藍アパートを経営する側としては、特に古い物件や郊外の利便性の悪い物件などではなかなか入居者が決まらないというような事態も出てきています。

その一方で賃貸物件が供給過剰に陥るということは、物件を探して暮らそうと思う側にはメリットも多くあります。従来なら限られた数の中から選ばなければならなかったわけですが、空室物件が多くなることで選べる数が多くなります。しかも入居者の獲得のために新しい物件でも家賃の競争に陥るようになるので、これまでよりも手ごろな価格で入居できるようになります。場合によっては今の物件よりも安くていい物件が見つかるかもしれません。