賃貸と持家はどちらが良いのか

賃貸の保証人は丁寧過ぎるほど丁寧に頼みましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸を借りるために保証人が必要な場合、誰かに保証人を頼むことになります。保証人を頼む時は丁寧過ぎるほど丁寧に頼むことが大事です。礼儀正しく頼むことは当たり前ですが、相手から信用されることが重要なので覚えておきましょう。保証人になってもらうために相手に信用してもらうにはちょっとしたコツがあります。まず、賃貸には火災保険がありますが、これが強制なのか任意なのかを説明しましょう。そして、自分がどちらにしても必ず火災保険に加入することを伝えると良いです。実際に賃貸契約をする時に火災保険等の書類を見せましょう。

次に賃貸契約の内容として家賃から初期費用まですべてをしっかりと説明しましょう。これは賃貸契約書を見せると良いです。自分が仮にお金を支払うことが出来なくなると保証人に支払ってもらうことになるので、出来れば貯金の残高だったり給与明細などを見せると良いです。そして、賃貸の管理者の連絡先は必ず保証人に渡しておきましょう。

上記のようにして保証人を頼むと大抵の人は保証人になってくれます。また、三顧の礼のように一度で保証人を依頼するのではなく、何度か足を運んでお願いするという気持ちも大事になってくるので覚えておきましょう。