賃貸と持家はどちらが良いのか

引越しの時には、賃貸物件に引かれているガスの確認は必須

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガスには、都市ガスとプロパンの2種類あり、どちらかを導入しているかは、賃貸物件ごとに違います。ガスは料理をしたり、お風呂を沸かしたりと生活する上に欠かせません。都心部の物件はほとんどが都市ガスで、都市ガスは地下に引き込まれているガス管を通じて供給されておりボンベがないのです。LPガスは、ボンベが設置されて供給されています。この、都市ガスとLPガスは、供給方法が異なるだけでなく、ガスの性質も違うそうです。性質が違うので、購入する時には、ガスコンロなどガスを使う機器はどのガスに対応しているのかを確認する必要があります。異なる機器を接続した場合には、もしかすると一大事になってしまうかもしれないのです。

引越しをする時にガスコンロも購入する場合には、引越し先の賃貸物件のガスが都市ガスなのか、LPガスなのかを確認をしてから購入は必須です。今使っている機器をそのまま引越し先に使いたい場合には、同じタイプのガスを引いている物件を探さなければければなりません。違うタイプのガスでも今使っている機器を使いたい場合には、ガスを開栓する時にガス会社の人に相談をしてみてると、有料はなりますがコンロの一部を取り替えただけで引き続き使える様になるかもしれないそうです。