賃貸と持家はどちらが良いのか

白い壁の賃貸について

このエントリーをはてなブックマークに追加

契約をした賃貸物件の壁が白い壁だった場合は、いくつかの事に注意をしながら生活をしていかなくてはなりません。まずは煙草の問題になってくると思います。自分の部屋の中で、煙草を吸う事は悪い事ではないですし、一人暮らしの方の場合は、誰かに気を遣わなくてはいけないと言う事もないので、気にせずに吸ってしまうと思いますが、白い壁の場合は注意が必要です。煙草を吸う事によって、賃貸の壁が黄色くなってきてしまう場合があります。白い壁の場合ですと特にそのような事が起こってきてしまう場合がありますので、注意が必要です。気を付ける事は出来ます。煙草を吸う際に、窓を開けて吸う事や、なるべく換気扇の下で吸うようにする、または外で吸うようにすると言う事を少し心がけるだけで、壁が黄色くなる事を防ぐことが出来るようになります。

また壁になにかをこぼしてしまった場合なども白い壁の場合は、目立った汚れになってしまう場合は多いのです。この様な場合は、すぐに拭きとったりと言う事をするしかないと思います。この様に白い壁は普段は綺麗に見える事が多いですが、汚れてしまった際などには非常に苦労をしてしまう事があるので気を付けて生活をしていかなくてはなりません。